本文へジャンプする

ホーム > 採用情報(先輩たちの声)


採用情報

先輩たちの声

【開発センタ ソリューションビジネスグループ】

小幡 達也(平成26年入社):

「やっと、入社したい企業からの内定がもらえたと思いました」

「ものづくりがしたい」「堅実な会社で働きたい」という思いがあったので、最初からユーザー系のIT企業を第一志望として就職活動を開始しました。IT企業の中でもユーザー系の企業は安定していますし、専門的なスキルが身につくということも魅力的だからです。
何社か内定をいただいたものの納得できずに就活を続けていた時、ISSに出会いました。選考はスピーディで、会社説明会から1ヶ月以内で採用内定の通知を受け取りました。内定をもらった時は本当にうれしかったです。「やっと、入社したい企業からの内定がもらえた」と思いました。
入社後3ヶ月間は研修だけなので、勉強に没頭できる環境を提供してもらえるのもとても嬉しかったです。私も先輩たちのように、お客様により良いシステムを提案できるSEになりたいです。

【極洋システムセンタ 極洋開発グループ】

根本 大毅(平成26年入社):

「質問のしやすさ・雰囲気の良さが印象に残りました」

就職活動中の皆さんにアドバイスするとすれば、「自分がやりたいと思っていることが実現できる会社を選んでほしい」ということです。途中で投げ出さず、粘り強く就職活動を続ければ、どこかで自分の求めている会社に出会うことができます。
ISSに出会ったのは偶然でした。就職活動中、数えきれないほど多くの会社説明会に参加しましたが、ダラダラ長い説明会が多い中、ISSは短時間でさっぱりしていて好感度が高かったです。特に、質問のしやすさ・雰囲気の良さは印象に残りました。
入社後研修はとてもゆっくりしたペースで進み、じっくり取り組めるように配慮されています。練習プログラムを完成させた時はとてもうれしかったです。研修の中で、自分が人前で話をする時の傾向性にも気づかされました。技術面だけでなく、ヒューマンスキルも日々向上していると思います。

【極洋システムセンタ 保守ヘルプデスクグループ】

原田 友香(平成26年入社):

「文系出身の技術者がたくさん活躍しているのを知って、心惹かれました」

文系出身者は、SEになりたくても「応募を受け付けてくれるのか」「本当にSEになれるのか」などが引っかかって、結局あきらめてしまう人が多いです。でも、ISSでは文系出身の技術者がたくさん活躍しているのを知って、とても心惹かれました。プログラミング言語の研修は難しいし大変でしたが、達成感もとても大きかったです。
ここのところ社内での交友関係がどんどん広がっていて、ランチの時間がいつも待ち遠しく感じます。先輩たちとは仕事のことはもちろん、プライベートの話もたくさんできるので、うまくリフレッシュする時間を持つことができます。
将来は、一人で黙々と仕事をするというより上手にコミュニケーションをとりながらチームで活躍できる先輩になりたいです。そして、お客様に対して、難しいことをわかりやすく説明することができるSEを目指したいと思います。

【新宿センタ 新宿開発グループ】

山田 隆太郎(平成25年入社):

「大手企業の子会社であるという安定性と、社員数のほど良さが魅力です」

入社前にイメージしていたISS像は、入社してもほとんど変わらなかったです。大手企業の子会社であるという安定性や、多すぎず少なすぎない社員数のほど良さによって、社員同士の距離が近いことはとても大きな魅力だと思います。ただ一つだけ予想以上だったことは、会社の静かさです。現在、私が所属している部署は特に静かなのでそう感じるのかもしれません。でも、とても集中できる環境なので仕事はやりやすいです。
システム構築の仕事に携われるのはとても楽しいです。開発業務に就いてみて痛切に感じることは、お客様の業務内容を知らないと本当の意味で顧客満足度の高い仕事にはつながらないということです。これから少しずつ、お客様の組織とその仕事の流れや、システムをどのように運用しているのかなどを勉強していきたいです。

【MHサポートセンタ SAP保守開発グループ】

松澤 俊(平成24年入社):

「先輩に質問すると、自分の想像をはるかに超える答えが返ってきます」

就職活動を始めたばかりの頃は、自分の性格特性から考えて営業の仕事が向いていると思っていました。ところが、説明会やセミナーに参加するうちに、「手に職」がつく仕事であるSEという職業がとても魅力的だと感じるようになりました。そこで、思い切って方向転換しましたが、その時の自分の決断は間違っていなかったと確信しています。現在所属している開発チームの中では経験年数も年齢も一番下なので、早く先輩たちと肩を並べたいし、後輩もほしいです。
現在、10歳以上年上の先輩とも一緒に仕事をしていますが、良い意味で歳の差を感じません。その先輩たちの本当のすごさは質問をしたときにわかります。質問をきっかけにその場が会議になって、自分の想像をはるかに超える答えが返ってくるからです。おかげで仕事への理解度は日々深まっていきます。

【MHサポートセンタ 保守・ヘルプデスクグループ】

村椿 麻里菜(平成23年入社):

「目標がある人に対してバックアップをしてくれる会社です」

子どものころから何かを作りあげる仕事がしたいと思っていたので、システム構築に興味があったことがISSにエントリーするきっかけでした。今はヘルプデスクの仕事をしていますが、いずれはSEとしてその夢を叶えるつもりです。そのための勉強は欠かさず続けています。現職のヘルプデスク業務は、お客様からの問い合わせに回答する仕事なので、現場の声がよくわかる場所に身を置けるというところが最大の魅力だと思います。
ISSは、目標がある人に対してバックアップをしてくれる会社です。特に、資格取得支援制度は充実していて、受験料の補助や合格報奨金支給など手厚いのがとても嬉しいです。頑張った分だけ、きちんと処遇してくれる会社はなかなかありません。非常に恵まれた環境で仕事をさせてもらっています。